iPhoneを脱獄せずにhostsを書き換える方法

6099 Views
Mac
iPhoneを脱獄せずにhostsを書き換える方法

ホームページをリニューアルする際に、サーバを変更するとどうしても公開前にiPhoneでhostsを書き換えて確認したくなる時があると思います。

今までは、脱獄を行なったりパソコンの設定をいじってproxyをごにょごにょするなどと難しい方法しかありませんでしたが、今回は難しいことなしでiPhoneのhostsを編集したのと同じ状態にする方法をご紹介します。

SNSでシェア♪

スポンサーリンク

前提

前提として、iPhoneの中身をごにょごにょするわけではありません。

今回の方法はパソコンで設定しているhostsの状態をiPhoneに共有すると思ってください。

 

必要なもの

・パソコン(Mac・Windowsどちらでも、筆者はMac)
Charles
・無線LAN
です。

ご自身のOSにあったCharlesをダウンロード後、インストールしてください。

 

手順

1. Charlesのインストール

アプリケーションより起動し、流れに従ってぽちぽちしてください。

 

2. 使用しているパソコンのIPアドレスを調べる

Macの方は「システム環境設定」「ネットワーク」からパソコンのIPアドレスを調べられます。

 

3. iPhoneをパソコンと同じWi-Fiへ接続します。

接続後、SSID横にある「(i)」マークをタップ

HTTPプロキシを手動に変更

サーバ:パソコンのIP
ポート:8888
を設定する
 

 

4. iPhoneで確認したいページへアクセス

5. パソコン側の「Charles」にポップアップが表示されるので「Allow」を選択

デフォルトのアクティブボタンが「Deny」となっています。
これを慌てて選択してしまった場合はアプリを一度アンインストールする必要があるので注意してください。

 

以上。

 

まとめ

手元にないので、確かではないですがAndroidのWi-Fi設定でも同じようなことができたはずです。

今度入手した時に試してみたいと思います。

SNSでシェア♪

スポンサーリンク

関連記事