Idiormの使い方 〜データベース接続編〜

3984 Views
idiorm
Idiormの使い方 〜データベース接続編〜

PHPでデータベースを扱うにはmysql関数を使ったりPDOを使うことで使用が可能になりますが、今回紹介する「idiorm」を使用すると簡単に扱うことができます。

筆者も使い方を覚えながら使用しているので、覚えたことをどんどんご紹介していきます。

SNSでシェア♪

スポンサーリンク

目次

公式サイト

公式サイトを見るとなんとなく使い方はわかるかと思います。

以下で筆者が実際に実装したやり方を紹介します。

 

準備するもの

Idiorm
Paris

です!

一応、私が使用しているファイルもアップしておきます。

 

データベースへ接続する

 

<?php
//----------------------------------------------------------------
//ライブラリを読み込む
require_once("idiorm/idiorm.php");
require_once("paris/paris.php");


//----------------------------------------------------------------
//データベースの情報
$db_host     = "データベースのホスト名";
$db_port     = "ポートが必要な場合は記述";
$db_name     = "データベース名";
$db_user     = "データベースのユーザ名";
$db_password = "データベースのパスワード";


//----------------------------------------------------------------
//データベースへ接続
if (!empty($db_port)) {
	//ポートが指定されている場合
	ORM::configure("mysql:host={$db_host};port={$db_port};dbname={$db_name}");
} else {
	//ポートが不要な場合
	ORM::configure("mysql:host={$db_host};dbname={$db_name}");
}
ORM::configure("username",           $db_user);
ORM::configure('password',           $db_password);
ORM::configure('driver_options',     array(PDO::MYSQL_ATTR_INIT_COMMAND => 'SET NAMES utf8'));
ORM::configure('error_mode',         PDO::ERRMODE_WARNING);
ORM::configure('logging',            true);
ORM::configure('caching',            true);	//キャッシュを有効
ORM::configure('caching_auto_clear', true);	//INSERTやUPDATEでキャッシュをクリア

以上です!

これで接続が完了です!

 

まとめ

次回はデータベースの内容を取得したいと思います。

データベース取得編

SNSでシェア♪

スポンサーリンク

関連記事